4D関連の情報サイトです。4Dでアプリを開発したときにマニュアルやブログで調べたり、4D japanのサポートにお世話になったりして獲得した情報をまとめました。wtwtJiroTechというサイトから独立させて4D-Memoとしました。

おすすめ記事

  • 4D View Proを使ってExcelシートを表示して値を置き換える
    v18での事例を紹介。テンプレートのエクセルシートがあって、宛先などのセルにDBに登録されている値をセット、完成したエクセルシートを書き出す、という業務があり、シートの数が多いので面倒という案件があった。 これを4Dで解 […]
  • クライアントサーバでの高速化のアイデア2
    たとえば請求書の一覧を表示する場合、請求書テーブルには部門IDが保存されていて部門名を部門テーブルから持ってくる、ような場面がある。次の3通りのやり方について考察してみよう。自動リレートは使わないという前提で。 1)請求 […]
  • クライアントサーバでの高速化のアイデア1
    リストボックスを使ったフォームに一覧を表示しようとしていたり、集計結果を表示するなど、アプリが遅い、状態になることがある。スタンドアロンで開発しているとDBとのやりとりが多少多くても瞬時に表示されてしまうので遅い実装をし […]
  • 4Dアプリ開発ガイドをv18対応に改訂、キーフィールドが必須に
    4Dアプリ開発ガイドを改訂。v15対応(以下、旧ガイドと呼ぶ)をv18対応(以下、新ガイドと呼ぶ)にした。 4Dの仕様変更に従って一部内容を変えた。当時の4DはSQLと同様に「レコードのキーフィールドはなくてもいい」とい […]
  • 4D 自力distinct
    4D 自力distinctを作ってみたので紹介する。このコマンドはv17、v18で動作確認済み。 4DのDistinctコマンド 4DにはDistinctというコマンドがある。テーブルをクエリーしてセレクションができて、 […]
  • 4D ローカル変数名にコロンが含まれていた
    4Dでは、メソッド間で、たとえば呼び出す側が2つ引数を渡す時、呼び出される側のメソッドは第1引数を$1で、第2引数を$2で参照する。しかし引数名のまま$1や$2で参照すると、渡される値が何かがわかりにくいし、後で引数の順 […]

4Dで実現したもの

治郎吉商店が販売している製品のうち、4Dで開発されたものを並べました。

会計ジロウ

会計業務を経営者または経営幹部が自ら操作する、という想定に基づきシンプルかつわかりやすいユーザインタフェースを追求しました。

請求書システム

請求書システムは、簡単に請求書を発行できるシステムです。見積書、納品書、請求書(控え)も同時に作成。送り状も簡単に作れます。 登録された請求書については、月別・年度別に売上を集計することができます。また顧客については、請求履歴、年度別請求金額、入金情報、送り状履歴を管理することができます。

4Dアプリ開発ガイド

上手に作られた4DアプリはWindowsでもmacOSでも動作し、スタンドアロンでもクライアント/サーバ(C/S)でも動作します。この4Dアプリの開発環境を効率よく学べるハンズオン形式の学習教材です。

「学習」のイメージ画像

4Dとの出会い

4Dとはv2.0の頃からの付き合いです。当時の配布メディアは3.5インチのフロッピーディスクでした。

4Dを利用した治郎吉商店の製品ラインナップ:

Wat’s 4D Mail News

このサイトの情報をメールでお届けします。